Newsお知らせ

トップページ  ー   お知らせ  ー   ダイエット食事は簡単にできる!~Part 10:外食でダイエット対策~
2019.11.28
ダイエット食事は簡単にできる!~Part 10:外食でダイエット対策~

皆様、お久しぶりです!‌

皆様、最近ダイエットはどうですか?最近私は忙しくて、料理をできませんでした。(;_;)‌

その代わりに、外食するとき、どうやったらダイエットできるとよく調べました。皆様に共有させていただきたいと思います☺︎‌

  食べる順番でカロリーコントロール

「何を食べるか」はダイエットにとって大事なことですが、複数人での外食では自分の好きなお店に行けるとは限りませんよね。そこで大事なのが「食べる順番」です。‌

その方法はとても簡単で、「海藻・野菜・キノコ類(食物繊維を含むもの)~肉・魚・卵・大豆(たんぱく質)~炭水化物」の順に食べるだけ。食物繊維を最初に摂っておくと、お腹がいっぱいになって炭水化物を減らしやすいです。なので、サラダや野菜を食べてから、主食を食べて、お米ができる限り、遠慮してください。‌

  夜に軽いものだけ


夜に外食の予定がある日は、朝・昼ご飯を軽めにしたり、抜いたりして調整する方が多いのではないでしょうか? そうなってくると、空腹もともなって夜に一番多く食べることになりますよね。「こんなに食べるはずじゃなかったのに」なんて経験がある方も多いでしょう。  夜にたくさん食べると脂肪が蓄積されやすいことはみなさんご存じのとおり。食後に活動量の多い朝・昼にしっかりと食べておいて、夜は腹7分目でストップしましょう。高カロリーなものは朝・昼、低カロリーなものは夜に食べ、朝3:昼4:夜3の割合を意識すると血糖値の変動リズムが保たれてコントロールしやすくなります。‌

  揚げ物は素揚げがOK


夜の外食で出番が多い“揚げ物”。必ずと言っていいほどテーブルに並びますよね。脂質が多い揚げ物は食べ過ぎると肥満のもと。特に、揚げ油を多く使う衣たっぷりのてんぷらやフライ系には要注意です。反対に、衣が薄いもしくはつけない素揚げは比較的カロリーが低めなのでオススメ天ぷら>フライ>から揚げ>素揚げの順に油が少なくなっていくので覚えておくとよいでしょう。‌

 ‌

“太る外食”と“太らない外食”の分かれ目は、ちょっとした食べ方の違いにあります。スタイルキープの参考にしてみてくださいね。